防犯カメラ・監視カメラの役割をご紹介!

 

最近は、コロナ禍でリモートワークが増え在宅されている方が多くいらっしゃると思います。

ですが、家にいるのに空き巣に入られたりリモートワークにより会社に人が不在という状況を

狙った空き巣が増えてきております。

そんな中で、「防犯対策でカメラと付けようかな?」「車へのいたずら防止の為にカメラが欲しい」

「会社の防犯カメラを新しくしたい」などなど…..

なのでそんな方の参考になればと思い、

今回は、防犯カメラ・監視カメラの役割についてご紹介いたします。

 

”防犯カメラの種類”

一般的に防犯カメラ、監視カメラは大きく2種類のタイプが出回っております。

一つは1台ごとに独立でネットワークに接続して、操作、ライブ、再生、録画が可能なもの、

もう一つはレコーダといわれる録画装置に複数のカメラを接続して、

まとめてレコーダーで操作、ライブ、再生、録画するものがあります。

そして、最近はどちらのタイプもインタネット経由にて

外部の離れた場所からの操作、ライブ、再生、録画が可能なタイプが増えきています。

 

”品質について”

次に、品質面でいいますとどちらも比較的安い価格で出回っている商品の場合、

各機能が安定せず、ばらつきがあったりします。

例えば、再生映像がぼやけていたり、色が変だったり、外からの映像が見れたり、見れなかったりという状況でした。

最近では上記のような面は少しずつではありますが改善されてきている傾向にあります。

 

”防犯カメラの課題”

これから説明させていただく点についてはまだ多くのカメラでは難しい状況にあると思います。

それは、録画機能を利用してあとから再生する場合についての課題です。

録画時に映像をカメラが自動的に人や物の動きを判断して、メールを送ったり、

再生映像中に動きのあった時間にピンを打ったりする機能です。

この機能により、ユーザーは過去数週間の再生映像をさかのぼって確認する際に、

劇的に早く欲しい映像・タイミングにたどりつけることです。

ですが、多くのカメラがこの映像の自動判定機能が正確に働かないため、毎回問題があって

録画再生する際に、多くの時間を費やして再生映像とにらめっこ状態を強いられる事になります。

弊社では、長年防犯カメラを扱っておりますが、

画映像をどれだけ早く再生して問題のあった時間帯の映像に辿りつけるかが重要だと考えております。

 

”取り組み”

この問題を解決するために弊社では様々な防犯、監視カメラのテストを繰り返し行いました。

解決方法としては、カメラに人感センサーを繋いで人の動きをキャッチした時点で

映像のスナップショットをタイムリーにメール添付してPCまたはスマホに送ることです。

そうすることで、録画映像からピンポイントで動きのあった時間に絞り込む事が可能になります。

それにより、再生時ユーザーの時間が劇的に節約でき、また正確に問題の起きた時間を把握することができます。

 

”まとめ”

これまで、弊社の防犯カメラにより、たくさんのセキュリティ事故、不安が解決できた!といった

ユーザーより喜びの声を多数頂いております。

また、さらにはカメラ設置場所に電源(100v)は確保できるが、光回線が確保できない場合にも、

モバイルルーターを利用して遠隔監視が可能です

例えば、駐車場監視・ソーラーパネル監視・建築現場監視などが挙げられます。

これにより、自宅、店舗、事務所などにとどまらず、様々な場所で活躍させることが可能です。

 

もし、この防犯カメラ、監視カメラの可能性に興味をもたれた方やもっと詳しく知りたいといった方は

お気軽にご相談ください!!

お問合せはお電話でも承っております↓

TEL:058-383-2295

きっと、お客様の安心・安全につながるのではと考えております。

 

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 
「システム/ソフト開発全般」「業務改善・内製化支援」
「自社システム開発ツールによるシステム開発」等に関する
お問合わせは、以下のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させて頂きます。

自社高速開発ツールで開発コストを削減!!

【当社では主に、東海圏(愛知、岐阜、三重、静岡)の
中小企業様、零細企業様、個人事業主様、起業家様の
ITやシステム化、業務効率化に関する支援をさせて頂いています。】

東海圏の中小企業、零細企業、個人事業主、起業家を支援します!


    ソフトウェアについてハードウェアについてPCサポートについて

    Google検索Yahoo!検索知人から紹介

    関連記事

    1. Excelに限界を感じたら・・「4D View Pro」を試してみませ…

    2. Power BIをさらにパワーアップしよう!

    3. 販売管理ソフトとの「データ連携」がマウス操作だけで!?

    4. Gmailを独自ドメインで運用するには?

    5. Azureの仮想マシンで基幹システムを動かす!

    6. 使い慣れたMacでオリジナルソフトを開発!

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。