Webアプリのデータ移行の問題点とは?

最近、Webアプリサービスが急速に普及してきました。
そして、そのWebアプリサービスのほとんどが、
サブスクリプション(月額制)で顧客側には、提供されています。

そこで、現状使っているWebアプリサービスから
違うWebアプリサービスに変えようと、
データ移行しようとしたときに、問題が起きました。

今回は、そのデータ移行の問題点についてご紹介いたします。

 

概要

最近は、様々な場面でwebアプリサービスを利用する
機会が増えてきていると思います。

例えば、会計、給与、グループウェアなどに始まり、
名刺管理、交通費精算、日報入力といった幅広く色々な
サービスが提供されています。

ただ、このwebアプリサービスは初期投資を必要とはしておらず、
毎月もしくは毎年の利用料だけで、手軽に利用でき、
非常に便利なところもあるのですが、

最近は、こんな相談を受けることが多くなりました。

 

Webアプリサービスの問題点

大きく2つあり、

【要因1】
導入当初より、業務の内容が変わったり、他の業務が増えた。
【問題点1】
アプリがカスタマイズに対応しておらず、
業務が進めることができず、困っている。

【要因2】
自社に最適な他の便利なwebアプリが出てきたり、
オンプレミスのサービスに戻したい。

【問題点2】
顧客データなどがエクスポートできないので
他のシステムに移行できない。

上記の要因によって発生した、問題点も導入の契約時に
契約書に記載されているので契約上は問題ないケースが
ほとんどなのですが、

利用する側は、一時的な便利性に注目してしまい、
利用を初めてから、違うサービスに変えようとした時に
よく悩まれることが多いと感じます。

この問題は、今回よく考えて俯瞰してみると、
かなり大きなテーマだと感じます。

それは、Webアプリサービスだけではなく、
従来の様々なオンプレミスで運用されているシステムにおいても、
販売履歴などの顧客データをエクスポートする機能が
装備されていませんでした。

これまでも、様々なシステム移行の現場で、
データのエクスポートができないため

過去のデータを仕方なく捨てなければならない現場に
直面してきました。

例えば、今所有されている顧客データが、一体誰の所有なのか?
と、よく考える必要があります。

また、企業が成長していくには、
常に自分たちに見合ったシステムが必要なのは

よく考えると分かってくると思います。

ユーザーとシステム会社の裁量だけに、
任せるのには限界がありますし、

日本の多くの企業がバブル崩壊以降、
伸び悩む原因の一つに

このデータ移行の問題が含まれているのかもしれません。

 

まとめ

弊社で、これまで手がけてきたほとんどのアプリケーションは、
全顧客データのエクスポート機能を最初から実装しており、
データ移行は問題なくできます。

しかし、弊社のシステムから他社のシステムに移行していくことは、
なかなか辛いですが、

顧客データはお客様の財産だと私たちは考えています。

もし、現状データ移行やデータのエクスポート機能がなく
困っているという方がいましたら

ぜひお気軽に弊社までご相談ください!!

お問合せはお電話でも承っております↓

TEL:058-383-2295

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

「システム/ソフト開発全般」「業務改善・内製化支援」
「自社システム開発ツールによるシステム開発」等に関する
お問合わせは、以下のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させて頂きます。

自社高速開発ツールで開発コストを削減!!

【当社では主に、東海圏(愛知、岐阜、三重、静岡)の
中小企業様、零細企業様、個人事業主様、起業家様の
ITやシステム化、業務効率化に関する支援をさせて頂いています。】

東海圏の中小企業、零細企業、個人事業主、起業家を支援します!


    ソフトウェアについてハードウェアについてPCサポートについて

    Google検索Yahoo!検索知人から紹介

    関連記事

    1. 開発したソフトの寿命はどれくらいか?

    2. Excelに限界を感じたら・・「4D View Pro」を試してみませ…

    3. ブログ開設のお知らせ

    4. 4Dはすごい

    5. 作業日報アプリで情報共有する

    6. google chrome osをPCにインストールしてみました