大切なデータのバックアップはできていますか?

業務用パソコンで運用しているExcelやPDF等の
データのバックアップはしっかりできていますでしょうか。

 

ITの普及に伴い、各種業務データの量は、年々増える一方で
ネットワークや機器障害時に備えたデータのバックアップは
なかなか追いついていない状況が頻繁に見受けられます。

 

ユーザーが利用するパソコンの内部に保存してあるデータを
USBに保存するユーザーも時々バックアップを忘れたりして、
それがストレスになっていたりします。

 

また、社内のネットワークにファイルサーバーが設置されている場合でも
バックアップが正確に自動で行われているケースは意外に少なく、
また、障害時に短時間でバックアップデータが復元できるかは業者任せで、
バックアップデータの復旧の手順も正確に把握していない等
データのバックアップに関して様々な課題が見受けられます。

 

最近では、クラウドにバックアップする手段も普及してきましたが、
維持コストが膨らむ等の理由で、なかなか運用に踏み切れない企業様も多いかと思います。

 

弊社では、いかに正確にデータのバックアップを行い、
障害時に迅速に復旧し、通常の運用に戻せるかを追求してきました。

 

データと一言で言っても多種多様で、
エクセルPDF、画像等のデータにとどまらず
メールデータ設定データアプリケーションデータ等種類は様々です。

また、運用方法も、毎日頻繁に更新するものから時々しか更新しないもの、
一人で共有するものから複数のユーザーで共有するもの、
運用を時間帯で止めれられものから1年中止められないものまであります。

 

要するにそれぞれのデータの特性データサイズ等に合わせて、
バックアップシステムを設計しなければ、意味を成さないこともあります。

 

弊社では過去に、弊社独自の緻密なバックアップシステムによって
企業様が何十年分もの大切なデータの保全を維持され
障害時にシステムや業務へのダメージを回避できたケースを
何度も見てきました。

もし、自社の「データのバックアップ」に不安があるようでしたら
是非一度、私たちにご相談ください。

 

 

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

お問合せはお電話か、下記の「お問合せ」から
お願いいたします。

担当者が、お返事させて頂きます。

 

関連記事

  1. 独自高速開発ツールの「メール送受信機能」がさらに強化!

  2. データベースと画面設計が一体型であることの有効性

  3. 開発したソフトの寿命はどれくらいか?

  4. 販売管理ソフトとの「データ連携」がマウス操作だけで!?

  5. Excelに限界を感じたら・・「4D View Pro」を試してみませ…

  6. 複合機をお安くメンテ付きで販売中!