「Google Map × データベース」の便利ソフトが意外と使える!

名古屋のとある企業様(太陽光発電、家屋リフォーム)から
お問合せ頂いた内容をきっかけに、提案・開発をしたソフトが
Google Map連携ソフト」です。

 

 

■お客様のお悩み・ご要望

お客様にはテレアポ営業部門があり、太陽光発電の提案ができる
見込みのお客様のリストを作成するという業務があります。

 

その際、Excelファイルで住所等のデータをもらい
その住所をコピーし、WEBブラウザからGoogle Mapを開き
そこへ一つ一つ住所を貼り付けし、航空写真モードに切り替え
家屋の大きさや周りの様子を見て、判断し
その結果を元のExcelデータに反映させながら
見込みのお客様のリストを、かなりの時間と手間をかけて作成していました。

 

お客様のご要望としては、

とにかく手数を減らし、作業時間を短縮し、一軒でも多くの
見込みのお客様に電話をかけて商品やサービスの提案をしたい。

ということでした。

 

 

■「Google Map連携ソフト」とは?

上記のお客様のご要望を受け、私たちが提案・開発したのが
RAD(高速開発)型データベース・ソフトをベースに開発した
Google Map連携ソフト」です。

 

どのような機能を備えたソフトかと言いますと・・

元データであるExcelデータを一度のコピペで簡単に「Google Map連携ソフト」に取込む

ボタン一つでGoogle Mapが4分割画面で表示される

Google Map画面を見ながら判断し、その結果等を「Google Map連携ソフト」に保存

ボタン一つで「Google Map連携ソフト」から、「CSVデータ」や「Excelデータ」を出力

お客様データを蓄積できるので、CRM(顧客関係管理)システムとしても活用できる

データベースの特性を活かした様々な検索機能を、使用者様毎で簡単に作成・共有できる

 

等々、基本機能は上記の通りですが
其々のお客様の業務フローに合わせて、レイアウトやビジネスロジックの
カスタマイズ等も可能です。

 

 

■今後の可能性

「Google Map連携ソフト」のベースは
高速開発(RAD)型データベース・ソフトです。

 

ですので、レイアウト(ユーザインターフェイス)のカスタマイズや
お客様データを蓄積し、分析するCRM(顧客関係管理)システムとして
様々な機能を拡張していくことができます。

 

特に、WEBとの連携やクラウド化も問題なく対応可能ですので
さらに便利なWEB機能を付け加えることや、
その便利な機能を実装されたシステムを全社で
クラウド上で利活用することも可能になってきます。

 

さらには、「不動産」や各種「工事」や「建設」に携わる
企業様でもカスタマイズをすれば、十分活用できるソフトになるでしょう。

 

 

■まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

最近、「DX(デジタルトランスフォーメーション)」に取り組みたい
という企業様が非常に多くいらっしゃいますが、
「でも、何をどのように取り組めばいいのか・・」とよく相談されます。

 

今回の「Google Map連携ソフト」は、
Google MapのようなWEBシステム高速開発型データベース・ソフトを組み合わせ
クラウドでもオンプレミスでも運用可能な、柔軟かつ拡張性の高いソフトです。

 

このような新しいIT技術を駆使しながら、
さらなる「業務の効率化」や「生産性の向上」に向けての取り組みこそ
小規模ながらも「DX」と言えるのではないでしょうか。

今回の記事が少しでも皆さまのお役に立てば、幸いです。

 

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

お問合わせは下記のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させていただきます。

 

 

関連記事

  1. 「Power BI」と「Web BI」、比較してみた!

  2. Microsoft Accessから「4D」へ移行してみませんか?

  3. 作業日報アプリで情報共有する

  4. Azureの仮想マシンで基幹システムを動かす!

  5. AIを活かしたシステム運用について

  6. RPA.RDAを導入して業務の効率化を