Microsoft Accessから「4D」へ移行してみませんか?

■便利なツールMicrosoft Access

表計算ソフトであるMicrosoft Excelとの親和性が高く、
比較的簡単にシステムやソフトを構築できる、
一般的な業務において幅広く利用されているデータベースソフトに
Microsoft Accessがあります。

 

このAccessとExcelを併用しながら、
業務内容が比較的小さい規模のときから
ソフトを内製し、運用されている企業様は多いかと思います。

また、運用コストが安価で
簡単な修正に対応しやすい等のメリットもあります。

 

■Microsoft Accessの限界

しかし、企業様の業務が成長、拡大したり、
あるいは、お客様のビジネスや業務フローに大きな変更があった場合、
ExcelやAccessの機能では十分な対応ができない
といったケースのご相談をよく受けます。

 

そういったケースでは、
Microsoft社やOracle社のデータベースが推奨されていますが
急激に導入コストや運用コストが増加する傾向もあり、
Accessから次のシステムにスムーズに移行が進まず、
業務にストレスを抱えているといった声はよく聞きます。

最近ですと、システム移行の選択肢の一つとして
クラウド型のシステムやアプリケーションもありますが、
通信費用、サービス利用料が従量制ということでコストが高い事や、
運用の方法が大きく異なったり、また、独自のカスタマイズ行う場合
費用が高額になるため、導入を躊躇される企業様も少なくありません。

 

■優秀なデータベース・ソフト「4D」

そのような悩みをお持ちの企業様には、
「4D」というデータベース・ソフトをお勧めしています。

日本では、あまり知られてはいませんが
弊社ではこの4Dに独自の機能を組み込んで
様々なお客様の業務システムの構築を30年以上手掛けてきました。

 

では、4Dではどんな事ができるのでしょうか。

過去のお客様事例から、具体例な内容を紹介します。

 

●オリジナルのメールソフトを構築し、データベースと一体化させて運用することで
 受注伝票、発注伝票、納品書、請求書のシームレスなメール送信が可能。

データベースとグラフィックの描画を一体化させ運用できるので
 墓地管理やコンサートホール管理等の座席管理が一目瞭然に。

●データベースとスプレッドシートを一体化させて運用できるので
 表計算ソフトExcelとデータベースのシームレスな連携が可能になり
 データベースへの入力や出力の省力化が可能。

独自のBIツールを開発して、データベースと一体化させ運用できるので
 より詳細なデータの可視化が、一つのシステム内で実現できる。

●4DはWEBサーバとしても活用できるので、
 データベースからWEBサイトの商品、在庫、価格の自動一括更新等
 ホームページの内容をデータベースから直接管理することが可能

●システムをオンプレミス運用から
 AWSやMicrosoft Azure、その他のクラウド仮想サービス等に
 比較的短期間でクラウド運用に切り替えることができる。

等々、他にも様々な事が実現可能です。

 

もちろん、他のデータベース・システムでも同様な事は可能なのですが、
それぞれの機能が別々の企業から提供されていたり、
または、全く別の技術や言語を使って開発していたりと
ソフト/システム間の相性の問題や互換性、処理速度の面などで
課題が多く、開発コストも開発期間も膨らみがちです。

 

しかし、4Dをベースとした弊社独自の開発ツールや技術を活用することで
上記の課題や懸念を解決しながら、お客様の業務や要望にマッチした
アプリケーションやシステムをリーズナブル短期間で開発することが可能です。

 

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

お問合わせは下記のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させていただきます。

 

関連記事

  1. 大切なデータのバックアップはできていますか?

  2. 企業のIT活用と弊社の役割について

  3. カレンダー機能で業務を可視化させる!

  4. Wordとデータベースが一体になった!? 「4D Write Pro」…

  5. 「ボートレンタル予約管理システム」をクラウド+WEB上で運用する

  6. 独自高速開発ツールの「メール送受信機能」がさらに強化!