Windows、Mac、iOS、Androidアプリを1台に集約してみたら

最近、弊社のお客様から
MacとWindowsを1台のパソコンで動かせないか
との相談を受けました。

 

そんな場合、MacとWindowsを切り替えて
再起動しながら使うBootcampを利用する方法と、
ParallelsVMWare等Windowsエミュレーションソフト
Macにインストールして、MacとWindowsを同時に利用する方法があります。

 

今回は、MacとWindowsと同時に使いたいということと、
Windowsでしか動作しない軽いアプリの一つを
Macと連携させたい点にありましたので、
今回はエミュレーションでのWindows起動の選択となりました。

 

早速、環境を整え、今回はParallelsをインストールし
MacそしてWindowsを起動させてみました。

 

印象としては、
両方とも動きがなかなか安定していました。

Parallelsの機能にはWindowsを使用していない時は、
自動的に休止モードに切り替わるものがあり、
CPU、メモリの消費を最低限に抑えるなどの工夫が施されています。

 

便利な機能として、MacとWindowsのデスクトップ上に
同一のファイルを共有させ自動で同期させる事ができるため、
MacとWindowsのアプリ間の連携も可能です。

 

今回はintelチップのMacを使用しましたが、
もう少しまてば「M1」チップでの対応も期待できそうですので、
更には、Mac上でのiOSアプリとChrome上でのAndroidアプリも
動かす事も可能かと思います。

 

表題の通り、Windows、Mac、iOS、Androidアプリを1台に集約、
これで何ができるかは、アイデアと発想次第でしょうか。

 

弊社では早速、Macで開発した自社の様々な業務用アプリケーションと
特定のWindowsのアプリケションの間で連携をしながら、
更にWebアプリも交えて、様々な可能性を試してみたいと考えています。

 

 

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

お問合せはお電話か、下記の「お問合せ」から
お願いいたします。

担当者が、お返事させて頂きます。

 

関連記事

  1. 企業のIT活用と弊社の役割について

  2. Excelに限界を感じたら・・「4D View Pro」を試してみませ…

  3. ブロックチェーンとは

  4. Power BIをさらにパワーアップしよう!

  5. 大切なデータのバックアップはできていますか?

  6. 「DX(デジタルトランスフォーメーション)×4D」で、あなたのビジネス…