金属加工業様の販売管理システムを4Dでアジャイル開発しました!

■名古屋の某金属加工業様からのご相談

ご相談頂きました企業様は、金属加工を生業とされており
特に、

製缶溶接
・板金溶接
・ロウ付け
・機械加工
・塗装

に関しまして、高い技術力をお持ちの企業様です。

少数精鋭の技術者、小規模ながらも設備も充実しており、

溶接機、汎用旋盤、ボール盤、ラジアルボール盤、汎用フライス盤、
シャーリング、ブレーキプレス、セットプレス、コーナーシャー、
五点切り、ハンドソー、塗装設備

等を駆使して、製品を作成していきます。

製品の一例をご紹介しますと、

・大型架台
・飲食店向け回転鍋
・汚水処理用大型タンク
・スライド機構付き製品棚
・アルミ枠再生機
・塩カリ散布機
・銅製棚受け(ロウ付け品)

等があり、楽天に自社店舗を出店し受注も開始しました。

 

■既存システムのお悩み

当初は、「販売管理パッケージソフト」と「Excel」を使用し
業務を管理していたのですが、
二重入力、二重管理などの無駄をなくしたいという課題
さらなる業務の効率化を目指し
データベースソフトでのシステムの一元化」を希望されていました。

また、予算と納期も限られていたこともあったので
効率よく開発でき、尚且つリーズナブルなデータベース・ソフトの
「4D」でのスクラッチ・システムアジャイルで開発する提案をしました。

主な機能としては、

見積処理
受注処理
指示書発行処理
請求処理
図面管理+タブレット

で、4Dのデータベースサーバ5台のパソコンがクライアントとして
動作する環境を構築しました。

また、製品の設計図も共有サーバに格納
4Dシステムからも、現場のタブレットPCからも
リンクできるように実装しました。

 

■データベース・ソフトの中にエクセル!?

今回、構築したシステムの中で、お客様に特に喜ばれた機能が

入力補助ワークシート

という機能で、これは4Dの「View Pro」という
Excelに似たスプレッドシート(ほぼExcelと同機能)を
4Dデータベースのレイアウトの中に埋め込めるものです。

 

データベースソフトへの入力はExcelと比較すると
決して操作性が良いとは言えません。

例えば、Excelでは当たり前の”コピペ”や”自動連番”等
の機能がデータベースソフトではできないため
エンターキーやタブキーでカーソルを送り
一つ一つ入力していかなくてはなりません。

今回、「入力補助ワークシート」として
スプレッドシート(4D View Pro)をデータベース内に埋め込むことで、

データ入力が早く、楽にできる
データの編集(コピペや自動連番等)がシステム上でできる
ボタン一つでデータを、
 スプレッドシートからデータベースへ取込むことができる(逆も然り)
外部のExcelやスプレッドシートとの連携が
 連携プログラムを作成することなくできる

上記が可能となります。

 

■まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の開発は、コストや納期に制限があったため
アジャイル型開発で3カ月程度でリリースすることができました。

プロジェクト全体を通して
今回のような金属加工等のものづくりや
何かを生産されている企業様にとって
4Dデータベースでのシステム開発は
かなり相性がよいのでは・・と感じました。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お問合わせは下記のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させていただきます。

 

==================

「WEBサイト構築」「システム/ソフト開発」
「業務改善・内製化支援」「4Dによるアジャイル開発」等に関する
お問合わせは、以下のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させて頂きます。

・高速独自開発ツール「4D」で開発コストを削減!

・ExcelやAccessでお困りのシステム担当者様を支援します!

当社では主に、岐阜市、各務原市を中心とした地元地域の、
中小企業様、零細企業様、個人事業主様、起業家様の
ITやシステム化、業務効率化に関する支援をさせて頂いています。

 

関連記事

  1. 受注管理をExcelから移行する

  2. ローコード開発ツール「4D」でDXを推進!

  3. 防犯カメラ・監視カメラの役割をご紹介!

  4. コロナ禍での効率的な営業の進め方

  5. AIを活かしたシステム運用について

  6. BCP(事業継続計画)とは?中小企業も積極的にBCPに取り組もう!