メタバース【Metaverse】とは?

Meta(超越)」と「Universe(宇宙、世界)」から形成される「Metaverse(メタバース)」は、その英語の意味通り、現在とは違う次元の異世界を指します。メタバースとは、簡単に言うと「仮想世界」のことを意味します。

例えば「あつまれ どうぶつの森」や「フォートナイト」もメタバースと言えるでしょう。つまり、メタバースとは、現実世界にいながらも、仮想空間で「あなた」が行動できる空間のことです。

■メタバースとブロックチェーン

以前、「WEB3.0」の記事にも出てきました「ブロックチェーン」技術ですが、実はメタバースとブロックチェーンとは深い関係性があります。ブロックチェーンとは、各ネット上の取引等を相互に監視しあうことで、データの改ざんや不正行為をしづらくする仕組みのことです。こうしたデータの改ざんを防ぐブロックチェーンを活用することで、オリジナルのコピーされないデータである「NFT:Non-Fungible Token(ノン-ファンジャブル トークン)」を作ることができます。

■NFTとは

「NFT」とは、作者や所有者の情報をデジタルデータに付与できる技術のことです。例えば、本来であればデータはコピーできるもので、どれがオリジナルのデータなのかを証明することは難しいですが、NFT技術を用いてデジタルデータにオリジナルの情報を付加すれば、デジタルデータをコピーや変更できない資産として扱うことができます。(ただし、偽物は出回るかもしれません・・)メタバースの世界の中の土地や建物、アバター等も同様に、NFTの技術を用いることで資産化することが可能です。このような技術のおかげで、NFTを絡めたビジネスが世界中で活発化しています。

それでは、実際に私たちの周りでメタバースはどのように利用されているのでしょうか。以下に、メタバースの利用例やメリット、デメリットや注意点等を列挙してみます。

【利用例】
・オンライン会議
・ゲームでの利用
・バーチャルライブ
・教育・シミュレーション

【メタバースのメリット】
・オンラインでの接触
・メタバースによる新しいビジネスの実現
・メタバースへの投資

【メタバースのデメリット・注意点】
・VRの準備が面倒
・メタバース空間への依存
・ウォレットの脆弱性
・メタバースは法律が未整備
・ハッキング

■最後に

今回ははメタバースについて、ざっくりとなるべく分かりやすく解説しました。今後メタバースの市場は成長をする見込みですが、実際のところは予測がつきません。現状は各企業がメタバースに力を入れ始めた段階にあり、今後マーケットが盛り上がる可能性は非常に高いでしょう。メタバースは単なる趣味や娯楽等ではなく、ビジネスとしても利活用できるため、様々な企業やビジネスパーソンはメタバースの動きに注目してみてはいかがでしょうか。思わぬビジネスチャンスが転がっているかもしれませんね。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お問合わせは下記のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させていただきます。

 

================

「WEBサイト構築」「システム/ソフト開発」「業務改善・内製化支援」「4Dによるアジャイル開発」等に関するお問合わせは、以下のフォームよりお願いします。担当者がお返事させて頂きます。

・高速独自開発ツール「4D」で開発コストを削減!

・ExcelやAccessでお困りのシステム担当者様を支援します!

【NEW】画期的!「Excel一体型データベース」、間もなくリリース!!

当社では主に、岐阜市、各務原市を中心とした地元地域の、中小企業様、零細企業様、個人事業主様、起業家様のITやシステム化、業務効率化に関する支援をさせて頂いています。

 

関連記事

  1. データベースを超えた4D ~進化を続ける「万能型業務アプリケーション開…

  2. 販売管理ソフトとの「データ連携」がマウス操作だけで!?

  3. 生産管理や生産監視に4DとPLC、デバイスを繋ぐ

  4. 4Dのパフォーマンスを最大限に引き出すために

  5. 「生産管理」をExcelから移行する

  6. RPAを導入して業務の効率化を